FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
38歳・男性・
本業は修理屋(人生の修理も承ります)
過去に痛い目に遭った事、多数・・・
写真はハードボイルドでも、実際はソフトタッチ。
気分はいつも「トルコ行進曲」
詳しくはカテゴリー「自己紹介など」をご覧下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

情報交換しませんか?

名前:
メール:
件名:
本文:

PR

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト : --.--.--[--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // COMMENT[-] // TRACKBACK[-] // Top

カブトライク写真撮影 : 2009.10.16[Fri]

青空の下、

カブトライクの写真撮影を行いました。

画像 1766

画像 1767

画像 1768

画像 1769

画像 1764

画像 1759

7/4日に、ヒロさんのところに来てから

てしおに懸けて

作り直してきたカブトライクです。

お目立ち度 としては、

カブトライク勝るものはない と思います。

エンジンも125ccですので、

町のりには、最高です。

3速ですので、加速は良くありません

車体が重いので、坂道ではちょっとスピードダウンします。

日曜日買い物などに行き

バック  など

したようなものには

---------。

来週早々には、

yahooオークション出品予定にしています。

すごく寂しくなります

いかさま師の手口より




スポンサーサイト
3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

中国製 トライクの現状 : 2009.10.08[Thu]

最近、はやっている3輪バイク

トライクと呼ばれているらしい。

ヒロさんも、ほしいなと思い、ためしに買ってみました。

とりあえずは、中国製の、トライカブと呼ばれているものを買ってみました。

中国製は、90パーセント組み立てられた状態で、

鉄枠梱包で送られてくるとの事

早速、購入
福山通運の、営業所止

引き取りに行ってきました。

画像 053


画像 054


画像 055

まさしく、鉄枠梱包でした

2時間で組み立て終了いたしました。

画像 056
画像 058

前輪が外れた状態での梱包でした。

組み立て終了し細部を見てみると。

外見は、非常によろしいのですが、

中国の方は、塗装というものに対して理解がしいのか

脱脂しない状態で、色を吹いている様子で

溶接箇所からのさびが激しく

また、メッキされている、マフラーにも塗料がふんわりかかっていました。

手直しが必要と判断

錆びている部分には

高濃度亜鉛コートを、塗布しました。画像 085


マフラーは、ピカールを付け磨き上げました。

画像 059

写真撮影をしていると、おかしなものを発見


画像 062

ホンダスーパーカブフレーム号機刻印である。

ヒロさんの購入商品の うたい文句

当社は中国の大手バイクメーカーとの共同開発により、
日本初の量産型カブ・トライクをリリースいたしました。
名付けて「トライカブ(Trycub)」
このトライクは当社の完全オリジナル企画によるものですので、
他社では絶対に入手できません。
今後、類似品が出てくるかもしれませんが、
日本企業をバックアップする高品位オートバイメーカーとの
長期開発と多数の開発車両による製品ですので、
簡単に模造製作されたものとは品質・精度が違います。
お目立ち度抜群のニュービークルをトライしてみてください。

との事であるが、

不吉な予感がしてきた。

思い切って、ねじを4つ外し

前の風防を、外してみました。

まさしく うたい文句どうりでした。

画像 064

間違いなく、

ホンダの  カ ブ  のフレームでした。

それも、錆びていました。

ここにも、たっぷり

高濃度亜鉛コートで処理を行いました。

画像 065

画像 066

多分、中国に、ポンコツで、 船 に  山のように積まれていった

オートバイ達の、


帰 国    と思われます。

中国のことだから、そんなもんでしょう。


ただ販売元対応は早く

諸元表・通関証明・譲渡証明

等の書類は、依頼の次の日には到着いたしました。

早速本日、午前中に、

軽自動車協会に行き

ナンバーを収得いたしました。

ナンバーを取り付け

燃料を入れ

エンジンを始動させ、

暖気運転

5 ~ 6 分

前進ギヤに入れたところ---エンスト

数回やってみましたが、だめでした

オイルを、再確認

工場内に入れ

後輪 を ジャッキアップ

エンジンを始動させ

ギヤを前進に入れたところ

即座に後輪が駆動

クラッチ調整をやってみましたが、

湿式多板コイルクラッチ

が  焼 き 付 き

クラッチが、全く作動していない状態と判断

ヒロさんの、職業は、修理屋サンである

4サイクルエンジンがつまれた商品は、

過去に2000

2サイクルエンジンにおいては、

過去に4000台以上の

修理を行ってきているが、

暖機運転で、焼きつくエンジンに、お目にかかったのは今回が始めてである。

販売元とは現在、交渉中であるが

走行距離は、まだ200mである。

いかさま師の手口より

どのようになるのか、楽しみでしょうがないヒロさんである
3輪バイクの製作 // COMMENT[1] // TRACKBACK[0] // Top

トライカブ今だ走行距離、300m : 2009.10.07[Wed]

日本初/デフギア・Bギア搭載/Wディスブレー/150CC カブトライク 白

早く、乗ってみたいのであるが、‐----。

画像 088
今だ、写真のように、走行メ-ターは

     3 0 0  m
販売元よりの回答であるが・・・・・・・。

昨日、状況をメールにて明確に、伝えたところ、

ご連絡有難う御座います
**-*****オークション担当****と申します。

ご依頼の症状ですがクラッチ周りの不具合と思われますので
関係部品の在庫を確認致しております。
申し訳ありませんが、明日再度ご連絡させて頂きますので
今暫く、お時間を頂けます様お願い申し上げます


との事であるが、今だ連絡が来ていない。

日本の法律において、

輸入した、業者が、

国内においては、製造メーカーとなり

製造責任、販売すれば販売責任を、問われることになる。

大きな商社などは、製造責任を逃れるために、
わざと一社かませる等のことを行っているのが現状です。

確かな知識、技術の無い、商社・メーカー

おかしな物に、手を出してはいけないと,いう事である。

中国製は、何年たっても、安かろう、悪かろう の 様である

    早く連絡よこさないと


         ヒロさんが、

              修理してしまうヨッ

いかさま師の手口より
3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

さすが一流企業、今だ連絡なし。 : 2009.10.05[Mon]

今日は、トライクという乗り物の、
理想的
サスペンションの
記事を書こうと思っていましたが

トライカブのクレームの返事

今だ連絡が無い

7/8日に、連絡がきたときには

確認して、明日連絡をよこすとの事でしたが

今日はすでに、7/10日、である。

連絡が来ないのである

新しいエンジンを出すのか

遠心クラッチを 一式 出してくれるのか

自社に在庫が

あるか  無いか
中国に、在庫が

あるのか  無いのか?

一時間もあれば、確認取れるとは思うが

多 分
簡 単 に は

連絡したくないのであろう

このやり方は  一流企業のやり方である

まあ、一回催促をいれ

こちらは非常に困っている等々を告げると


数分で、連絡が来るというパターンではなかろうか。

お客様のために当社は、これだけ努力をしている事を

多分、お客様に 強く印象付けたい のであろう。

ヒロさんは、 困っていないので

一週間くらい

催促はいたしません。

トラブルを、どのように対応するか。

いろいろな業種があるが

どのような業種においても
一番大切な、仕事ではないかと思います。

5台仕入れたら、
一台部品取りでサービスしてもらわないと

中国製品は、こわいとおもいますヨッ。

いかさま師の手口より

3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

トライカブ、連絡が来る : 2009.10.04[Sun]

トライカブ、3輪バイクの不具合に対して、

画像 1317


画像 1320

倉庫の、片隅に追いやられ部品待ちをしているトライカブ

販売元より、連絡が届かず、困っていました。

ちょっと茶化してやろうと思い.

7/8に下記のようなメールをいただいておりますが

    当方の地域では、あれから、
    一週間という月日が流れておりますが、

   そちらのほうでは、まだ7月9日になってない様で、
    こちらには、まだ連絡が届いておりません?。
   
   ** 様
ご連絡有難う御座います
    ::-****オークション担当***と申します。


   ご依頼の症状ですがクラッチ周りの不具合と思われますので
     関係部品の在庫を確認致しております。

      申し訳ありませんが、明日再度ご連絡させて頂きますので
       今暫く、お時間を頂けます様お願い申し上げます


         今だ、走行距離計の距離は300mです。
      急ぎませんが、こちらのほうも、そろそろ梅雨があけそうです。

すぐにメールが届きました。

7/13日にメールを入れているということでした。

ヒロさんのところには、
一日--100通以上の迷惑メールが入ってきています。

その中に、入っていました。

ご連絡遅くなりまして申し訳ありません。
**-****オークションサポート担当***です。

部品のみで現在発注しておりますが、
納期がまだ未定となっています。
そこで、弊社に在庫がある125ccエンジン(カブ型)があるのですが
それで宜しければ、
エンジンを発送させて頂きたいと思うのですが如何でしょうか?

ご連絡頂ければエンジンはすぐに発送出来ますのでご連絡お待ちしております。


なんと良い、販売店なんだろう。。。。

ヒロさんに、エンジンを一個、ただで、

譲って くれるということではないか。。

早々、エンジンを頂く事にいたしました。

金曜日には、到着すると思いますので、

明日から、今の150ccの、エンジンの
 
OHをはじめようと思います。

ヒロさんのブログは、写真付きで、

エンジンの分解、オーバーホール

遠心クラッチの、仕組み等々

書いていく予定にしています。

こう、ご期待。。。。

いかさま師の手口より

125ccのエンジンは、OH後大事に保管である。

  ラ ッ キ ー 

ヒロさんにとっては、非常に良い販売店であるが

素人さんが、手を出しては、ちょっと怖い商品と思います。



3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

トライカブ エンジン到着 : 2009.09.30[Wed]

無事に、三輪オートバイ・・トライカブ


エンジンが到着いたしました。

画像 1366


頂けるのかな

と思っていたら、、

しっかりと外したエンジンを

送ってくださいとの事みたいである

中に返送用の送り状が入っていました。



ヒロさんは、作戦を変更することにした。

遠心クラッチを、125ccのエンジンから外し

取り替えることにしよう。。

取り替えたほうが、簡単である。

画像 1363エンジンのこちら側には、
ジェネレーター(発電機)が入っています。


画像 1364
こちら側が、クラッチ側です。

遠心クラッチを外すには、

専用工具が必要となります。

わからない人は、

バイク屋さんに持って行ってください

バイクの場合.、遠心クラッチ側

クランクケース形状、大きさが同じであれば

中の、遠心クラッチも、ほぼ同じと考えてよいと思います。


まだ梅雨も、明けそうではありません。

遠心クラッチは、
まあいつでも替えれますので安心いたしました。

画像 1320
画像 057

後ろには、荷台が付いていますが、

60kg乗せれるそうですが

実は、くらくらで 

5kg位が限界のようです

シートの後方から、

タイヤケースをちょん切り

デフのシャフトから立ち上げ

ここに大きな、荷台を取り付けたら

非常に便利な乗り物になるのではないかと

思います。


荷台の一部

大きめなバッテリーと、パンク修理剤

つめるスペースを作り

その後ろにバンパーをつけ

ブレーキライトと、ウインカー

取り付けられたら

とんでもなく

目立つのではなかろうか。

早々、明日から

          作 り ま す 。

                          こ う ご 期 待


いかさま師の手口より
3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

トライカブの尻尾切断 : 2009.09.18[Fri]

トライカブ

今日は、思い切って

シッポを切断しました。

画像 1368

さあ後戻りは出来ません

外は雨
午後からは、部品の選定と

部品作りをしました。

頭の中に構想はあるのですが、

それを形にするのは非常に大変です。

多分、他にも、トライカブ

持っていられる人もいるでしょうから

2個作ることにしました。

当然1個は、販売します。

7/20には出来上がるでしょう。

こう--ご期待。

いかさま師の手口より
3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

荷台の製作 : 2009.09.17[Thu]

トライカブ荷台の製作に苦戦しております。

なるべく、

重心くをテーマに

思考錯誤しております。

一日で、出来たのは

画像 1369

画像 1371

左右対称のステー

2セットだけでした。


画像 1370

切り口が汚いのは、後で考えよう

ここで問題発覚
車幅800mm以上の

トライクは、

車のように

左右対称ストップランプと方向指示器

取り付けなければ

公道走行出来ないようである

ヒロさんの

トライカブは

車幅  1150 mm 

yahooオークションでまずは

candujp-img600x450-1175335154dscn09060086[1]

こんな商品を。

2個、買いました。

ここまでの感想ですが

一番最初に発生したトラブルは

セルモータースイッチの脱落
分解修理、エポキシ樹脂にて固定

遠心クラッチの、故障

交換予定

ガソリンエンジン

2級整備し、クラスの人では

手を出さないほうが良いと思います。

農業機械、一級技能整備し
くらいの

あらゆる知識がある人で無いと

後の処理が、高額になると思われます。

仮に、バイク屋さんに持っていって

整備をやってくれるか、疑問です。

メーカーに、3万円 払って組み立ててもらっても

それは同じと思います。


自分で責任持ってすべてやれる人

でしたら、安い買い物です。


トライカブ作ってもらったら

制作費

75万円だそうです。

わかるようながします。

中国製トライクの製作 途中経過です、


いかさま師の手口より



3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

カブトライクの、遠心クラッチ : 2009.09.16[Wed]

カブトライクの、エンジンが送られてきたのは

皆さんに報告いたしましたが

不具合箇所の、追求が本来の目的であり

早速、分解しようと思っていましたところ

今日は、世紀の1代ショー

日食です。

雲の晴れ間から

かろうじて、見ることが出来ました。

画像 001
画像 009
画像 012
画像 017
画像 018

これ以前は、雲の中でした。

さあと思っていると、

またまたホンダの発電機の修理が着ました

出どこは、山形県和歌山県からでした。

発電機を修理する人って、

いないのかなっと、最近思っています。

仕事を終わらせ


取り外しです。

こんな工具が必要です。
画像 1390

画像 1382

左がクラッチアウター  こいつに

右側が、かぶさります

画像 1385

クラッチプレートAさんです。
画像 1386

回転が速くなると ウエイトさんが

クラッチプレートAさんを押し出します。

画像 1389

裏側に、押し出されたときの、傷が

しっかりと付いているのがわかります。

押し出されることにより

3枚のクラッチがプレスされた状態になり

動力が伝わるという

ただそれだけの簡単な仕組みです。

ヒロさんは


難しい説明は、 大 嫌 い だ
すべりが激しくなったときは

クラッチ板3枚を替えます。


一番忙しく微妙に動くのが

クラッチプレートAさんです

ところが、型抜きされた

Aさんですが

しっかりとはまり込み
動こうとしません。

よく見てみると
画像 035

型抜きされたままの状態で

ばり取り すらされていません

下側は、ナイフの様な状態です。

様は、

組み立て流れ作業の中で

しっかりと組み付ければ良いと言う

ことなのであろう。


どのような動きをして

どれだけの遊びが必要か

などは関係ないのであろう。

ヒロさんは、それを見つけて、修理し

安く使わせていただくのだから

仕方ないとしても

新しい、不良品を取り付けても

同じことだと思います。

日本の代理店も、

中国製だから仕方ないといっている以上

進歩が無い。情けないと思います。

一流メーカーは、手を出さないのが良くわかります。


画像 036

ばり取り後の画像です。

その後

リューターという工具を使い

ダイヤモンドと砥石を取り付け

削ること

3時間

画像 1387

ばっちりの状態にしました。

中国製のバイクの遠心クラッチは、
ほとんどこの部品が使われていると思われます。

Aさんの戻りバネは、強化されたものを使用されているようですが

それでも

Aさんが押し出された状態で

戻れない

この状態は、いつ現れるかは不明ですが

輸入代理店側は

ユーサーの不注意による

焼きつきと、処理をしているのではないでしょうか。

今日はここまでです。

いかさま師の手口より

ps
同じような人がいられましたら

修理しますヨッ。

コメントお待ちしてます。










3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

遠心クラッチの取り付け : 2009.09.14[Mon]

中国製トライク、

遠心クラッチの不良箇所がわかり

今日は組み付けと思いきや

まだまだ加工する部品がありました

、。画像 1391


画像 1392

クラッチプレーAさんは昨日紹介しましたが

Aさんの後に

フリクションディスクAさん・Bさん・またまたAさんと続いて入り込みますが

ディスクBさんも加工が必要でした。

最後にはまり込む

クラッチプレートBさんも

ついででしたので研磨加工しました。

写っているいるのが

クラッチプレートBさんです。

様はクラッチプレートBさんが固定されていて

おくから回転があがると、さんが

ディスクをサンドイッチするということです

加工に午前中いっぱいかかりました。

これで純正ホンダの部品と、同レベル以上に

仕上がっています。

画像 1395

ギヤも外し、各部のねじの緩みの確認を行い組み付けましたが

大きなギヤの真ん中を止めている

リング

見たことも無い リングでしたので

止めリングを交換しました。

組み付け、エンジンを始動

ギヤを入れると、やはりエンスト状態でした。

後ろをジャッキで持ちあけ、調整です。

画像 1398

マジックで→を書いているところが、調整するところです。

通常国産の遠心クラッチの調整方法は、

13ミリスパナで、ナットを外し、

中心の、ねじの頭をマイナスドライバー

時計回しに回るまでまわします

そこから、時計と反対回しで

抵抗がかかったかなっと  

思ったところ、そこから
時計回しで90度で固定します。

通常の常識ある、遠心クラッチはそうですが、

中国製は、そんなやさしいものではありません。

中国製バギー、トライク・オートバイなどの
遠心クラッチの調整方法は

まずジャッキアップし

タイヤが空転する状態を作ります。

何を基本にするかと言いますと

ギヤチェンジするときに、変わる瞬間

ニュートラル(N)、クラッチ版が滑っている状態になります。

ギヤを踏み込んだ、状態のときにN状態にすることです。

あくまでも、いかさま師の手口のヒロさん流ですので、

壊れても保障はいたしません。

ヒロさんの、書く自由である

後は皆さんの自由

時計回しで回らなくなっちところから

反対回しで抵抗がかかった位置、ここで固定します。

エンジンをかけ、

ギヤを

押し込んだ  状態、

このときタイヤが回らなければ合格です。

回れば、エンジンを止め、

さらに、時計と反対回しで、90度

だいぶ抵抗があります。

90度づつ6回くらいやって見てだめなら

遠心クラッチの分解になります。

ヒロさんは、2回で、ばっちりでした。

いじっていると感覚がわかってくると思います。

乗り始めると、クラッチプレートが減ってきます

減ってきますと、この調整が又必要になってきます。


以上

いかさま師の手口より

PS
明日は、荷台の製作である

自慢話ではあるが

新潟県三条市で、5年前川が決壊し悲惨なことがありました

窓ガラスの、半分まで水につかり、

おぼれかけていた、デリカスペースギヤ

3日目に、ヒロさんが、助けに行きました

友人の車で、廃車依頼。

内装、外装・足回り・配線、ギヤ・コンピューター・モーターエンジン・キャブ

全分解・組み立て 配線のカプラ内・脱着、超音波洗浄・乾燥・注油

今でも、どこも悪いところは無く、順調に動いています。

製作日数、15日、お隣さんが乗ってます。

持ってきたときは、ごみ

出来上がったときは、この車どうするの?。

と、お隣さん。

廃車するのというと、

動くの??????っ。

新車以上の出来上がりになってますょっ。

くさいんじゃないの

乗ってみた瞬間

ヒロさん

新車の匂いがするょっ。

いくらで売るのっ。

ほしかったらあげるヨッ。

お隣さん、、、、ラッキー
ヒロさんは、腕試しがしたかっただけでした。。

でも、あんな大変なことはもうごめんです。

友人にも、声をかけ、新車になったよと言うと、

見にもこないで、そんなの乗れないとの事

遊びに来るたびに

隣の、車を見て後悔しているようである。

製作費用、3万円 でした。


ヒロさんの自慢話でした。

書く自由

信じるか信じないかは、みなさんのじゆう




 

3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

中国製トライク荷台の製作 : 2009.09.13[Sun]

中国製トライク。なかなかてこずっています。

ギヤ、クラッチ関係は、

ほぼ完璧と思っています。

中国の設計の人たちは、

今はだいぶきつい

使っているうちに、

こすれて

磨耗してちょうど

良くなる

と思っているのでしょう。

余談

ヒロさんも商品開発で

あちらの人と、8年ほど、お付き合いしたことがありますが

始めは、まさしくそうでした。

今は立派な製品になり、アメリカまで輸出され

日本の一流メーカーも、そこで作ってもらっています。

余談終わり

本来
トライクとは、

自転車の後ろのタイヤを2個にしたものでした

荷物がたくさんつめる・自転車

その荷物のスペースに、動力がつけれないか?。

から始まったものです。

1800年代後半

自動車産業始まり のころです。

そんなちっちゃなエンジンが

作れるはずが無いといわれていた時代です。

無事に完成し、オートバイの原型になったものです。

その後に、オートバイというものが、完成しました

オートバイより、トライクのほうが先に完成したのです。

その後モータートライク

自動車産業と融合

オート3輪荷台付き三輪自動車)なるものが製作されました


話はさておき

画像 1404


画像 1405

画像 1406

これが、荷台の原型になります。

下にBOXを取り付け、

最低10A以上ののバッテリーをつもうと思います。

現在3Aのバッテリーが付いていますが

3Aのバッテリー1個では、絶対無理です

バイクの配線は、車と違い、リレーを使っていません。

そのために、電気が逃げる可能性があります

又この 中国製のエンジン始動には、

キック

付いていません。

3A配線はそのまま残し

10Aバッテリーと3Aバッテリーの間に

半導体をいれこみ

充電はされるが

電気を貸してはやらないよという

簡単な、仕組みを作り

セルモーター電源を

独立させようと思っています。

そうしないと、

セルモーターは、すぐに

回らなくなると思われます

今日はここまで。。。。

いかさま師の手口より

ps

中国製トライクなんと問題が多いのであろうか。

当然である。

日本では、メーカーが、トライクを作っていないのである

トライクキットなどというものは作っているようであるが

オート三輪の後は、メーカーとしては、量産体制をとっていません。

オートバイを、基本として作られている為だと

ヒロさんは、思います。

後輪車軸にデフを付け曲がりやすくしたところで

所詮は、オートバイのサスペンションに、車軸をつけ

タイヤを2つにしただけの乗り物です。

サスペンションが持つわけが無いとおもいます。

後輪2輪は、独立懸架にしないと

左右のタイヤが別々に路面のショックを吸収しません

画像 1410

画像 1407

スイングアームと後ろの車軸の取り付け位置が

タイヤに近ければ、まだ良いと思いますが

写真のような取り付け位置ですと

路面のショックを、増幅させることと思われます。

当然その振動で

全体が揺れると思われます。

そのために、荷台はどうしても、必要なのです。

ヒロさんの独り言










3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

荷台の仮付け : 2009.09.12[Sat]

中国製、3輪バイク----カブトライクの完成までは、まだまだのようです。

7/4日に到着し、その日のうちに組み立てた。までは良いが-----。

代理店のほうでは、

3万円くらいで、

組み立ててくれるということであるが、

以前は、

組み立てる前に、

ユーザーに書類を渡し

組み立て終わったら、ナンバープレートを持ってユーザーさんが、

引き取りに来られ、

そのまま運転して

帰られ、事故を起こされるケースが多く

今はそれをやっていないそうである

あくまでも出来上がったものを

トラックなどで引き取ってもらい

そのときに書類を渡すそうです。

まあ‐‐、不慣れなものに乗ったことによる

操作ミスが、原因だそうです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐。

―‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐     --------------------

さて、今日は土曜日ですが、

お仕事をやっています。

何とか形が出来ました。

画像 1412

画像 1413


画像 1414

朝から、部材をカットし、加工し

溶接を行い

何とかできました。

ついでに

パンパーというものも

くっつけてみました。

バックギヤがあるので、

本体を傷つけないためにも必要と思います。

だいぶ、

本来の目的の ト ラ イ ク らしくなってきました。
画像 1415


画像 1416


後は、バッテリーケースを、取り付け

脱脂、後 

塗装ということになります

何色にしようか、悩んでいます

荷台の部分は、にし、

バンパーは白が良いのかなっ。

これが終わると今度は、電気配線が待ってます。

パンパーを取り付けたことにより

バックライト、ウインカーの種類

はじめから、選定のやり直しです。

やはり本体自体に穴を開けたりは

しないほうが良いと思います。

さすがに明日は、お休みです。

いかさま師の手口より

ps

完成が、梅雨明けに間に合うか

不安になってきました。


3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

カブトライクシートの加工 : 2009.07.28[Tue]

中国製のカブトライク後ろのライトをどうするか

悩みながら

シートの加工に入っています。

画像 1458

シートのしたには、えがあるのですが

どれも全く支えになっていません

シートのしたの形状と、本体ボディの形状が合っていないのです。

後ろのキュウバンは中に浮いた状態

その前の丸い出っ張りも中に浮いた状態です。

画像 1435

画像 1437

精度というレベルではありません

どうすると、このように作れるのか、疑問です。

とりあえず、切断し、

3ミリ厚みの鉄板を折り曲げ溶接しました。

画像 1438

画像 1459

あと、15ミリ前になります。

鉄板の前後は100ミリ幅です。

先端をつぶし、明日加工することにします。

いかさま師の手口より


車のシートが、ただ置かれた状態でしたら

急ブレーキを、かけたら、シートが動いちゃったでは

大変です。

はっきり言って、それはオブジェです。

安く、自分の物にしたかったら、一箇所ずつ点検整備していきましょう。

両方とも明後日には完成予定です。






3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

加工にてんてこ舞い : 2009.07.25[Sat]

中国製トライクのオブジェを

何とか、公道を走れるように、加工していますが、

長梅雨で、シート部分の色塗りをしていると

突然の雨に、色塗りが出来ない状態です。

今日は、刷毛を買ってきました。

荷台部分に、

ナンバープレート取り付け部が出来ました。

後方照明、ウインカー、ブレーキ灯・ナンバー灯

取り付け部が出来ました。

今、色塗りが、終わった ところです。

写真は、明日公開です。

またまた、困ったところが出てきました。

画像 1466


画像 1467

エアーフィルターが、前輪のカバーに当たってしまうのです。

どう調整しても、当たってしまいます。

本来、エアーフィルターには、

雨、風を、さえぎるために

カバーが付きます。

多分カバーを取り付けると

ハンドルが完全に、動かなくなるので

エアーフィルターむき出しにしたのだと思われます。

又アクセルが、フィルターに当たっています。

吸気音も激しく、雨の日にはエンストをおこすと思われ

まさしく、オリジナル規格と思われます。


又良く見ていきますと。

燃料コックの、右側には

燃料ホースがつながれてます。

その下は、

エンジンの 冷却フィン です。

空冷エンジン内部は、300度以上です。

フィンは、200度くらいに温度が上がりますが、

燃料ホースは、200度には、耐えません。

このトライクのうたい文句は、

当社は中国の大手バイクメーカーとの共同開発により、
日本初の量産型カブ・トライクをリリースいたしました。
名付けて「トライカブ(Trycub)」
このトライクは当社の完全オリジナル企画によるものですので、
他社では絶対に入手できません。
今後、類似品が出てくるかもしれませんが、
日本企業をバックアップする高品位オートバイメーカーとの長期開発と
多数の開発車両による製品ですので、
簡単に模造製作されたものとは品質・精度が違います。


確かに
品質、精度が違います。

精度という言葉は

金属加工において100分の1ミリ・2ミリの意味です。

鉄柱外径20ミリのものが100/1ミリ大きい円筒の中へはめ込むには

ちょっと大変です。100分の2ミリですと、スムーズに入れ込むことが出来ます。

でもちょっとさびが出てくると、入りません。

100分の5ミリですと、

若干ののさびがあっても入れ込むことが出来ます

これが精度です。

うたい文句どうり

確かに

簡単に模造製作されたものとは品質・精度が違います

ヒロさんが見たところによると

桁違いに、品質制度が違います。

それに加え

本当に

完全オリジナル規格である


間  違  い  な  い  。

いかさま師の手口より

どうしてこのようなものを作るのであろうか?。



どうして、このような物を

税関を通すのであろうか?。

日本国内の法律では

税関を通した、会社が

製造メーカーです。


中国製ですから・・・・・・・・・・。

という言い訳は出来ません。


税関を通した会社は

私が、メーカーで、製造者なんだということを

自覚してもらいたい。

現に、家電品メーカーは、そのようなことは

一言も言っていません。

90パーセント以上が中国製です。

ここでヒロさんは気が付いた

オ ブ ジ ェ
なのだから、しかたがない。

ヒロさんの独り言
3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

何とか、公道走行 : 2009.07.23[Thu]

次から次へと、悪いところが見つかり

一ヶ月くらいかかっている、トライカブ
中国製3輪オートバイである

エアークリーナーは

画像 1496

このような、部品を使って

画像 1498


こんな感じにに仕上げました

全く、違和く感がありません。

ライトバッテリーの配線を終わらせ

画像 1504


画像 1505


画像 1503


雨でしたが

2kmほど走りました。

クラッチの調子もよく

普通に、50km/hくらい出しました。

ほとんど振動も無く普通です。

荷台も、バンパーも方向指示器も

ナンバープレート取り付け台座も

あたかも、前から付いていたかのように

自然です。

ちょっとNランプと、バックランプ

メーター内にあるのですが

付きません。

直していきましょう


月曜日から、

ちょい乗りをはじめましょう。

すごく目立つと思います。

いかさま師の手口より




全貌は、月曜日晴れたら

写真撮影後、お見せいたしましょう。



3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

125ccエンジンに乗せ変え : 2009.07.22[Wed]

カブトライクに乗り、15kmほどドライブに行ってきました。

途中ホームセンターにより、買い物をしました。

後ろに乗っける、コンテナーです。

コンテナーのサイズを測ってから荷台を作ればよかったのですが

今回は、失敗でした。

黄色い45ℓのコンテナーを、乗っけることにしました。

どうせだったら、ヒロさん

この、大きなコンテナーが乗ったら最高じゃないかと

店長さんが75ℓコンテナーを持ってこられました。

その大きなコンテナーも買ってきました。

今後は、75ℓコンテナーが乗るように製作したいと思ってます。

店長と、これは乗るか、こっちが良いのでは

などやっていると

わいわいがやがやと

数人の人が、集まっていました。

帰ってきて、どうもボディに対してエンジンが大きすぎるのか

やはり、50km位で直線道路を、走っていると

振動があります。

それ以上スピードを出せないことも無いのですが

ねじの止まり方

振動の原因の追求のため

ちょっと分解してみることにしました。

あっちのねじこっちのねじを外していると

結局エンジンを、おろしてました。

いっそのこと、125ccに乗せ変えてみることにしました。

所要時間1時間

分解、取替えの祭に感じたことは、

座金、スプリングワッシャーが使われていないことです。

キャブレター取り付けねじにさえ、

スプリングワッシャーが付いていません

ロングスイングアーム取り付けねを利用して

マフラーの

支えにしているのですが

座金は、一個も付いていません

何はともあれ、早く完成させ

乗ってみました。

150ccのエンジンより

フィーリングは、こちらのほうが断然良いです。

本来本体と、スイングアームなどは、

若干の寸法が、違い、それを、ねじで閉めこむことによって

金属にテンションが発生し、強度となるのですが

何か、ちょうど良く作ってあるという感じです。

ちょうどいい分、引っ張りが無く

振動が発生するものと思われました。

ちょうど、鉄の橋を隅から、溶接で作り上げていった様な

感じに、受け止めました。

あるとき、お客様からこのような、指摘を受けたことがあります

電動工具の、ジスクグラインダーのクレームでした。

**製のメーカの商品は、砥石取り付け部の

ガタが、非常に少ないのに対して

国内、一流メーカーでもある**の製品は

カタが、大きくてぶれて、使い物にならないという苦情でした。

使って見られましたかという、ヒロさんの問い合わせに対して

使う前から、判りきった事だと、

汎用品の、3倍もの高い買い物をしたのに

どう、責任を取ってくれるのかと

まるで、鬼の首でも取ったような、けんまくでした。

上司を出せと言われ

使ってみられてからお電話いただけますかというと、

電話を切られ

本社に、電話が行き

本社から、メーカーに連絡が行き

メーカーの技術からお客さんに電話をさせたところ

大騒ぎになったとの事で

メーカーの営業から、

堂々巡りでヒロさんのところにヘルプがきました。

再度電話をいれ

使われて、それが主たる原因で、お客様に、損害、危害を与えた場合は

PL法において、裁判のうえ、適切なる、責任を取りますが

使う前から、わかり切った事といわれましても

責任の取り様がありません。


ジスクグラインターの場合、

10000回転前後で、先端が回転します。

その際、先端べベルギヤにガタが全く無い場合は、

抵抗がかかり回りません

若干のがたがある場合、抵抗により

モーターが焼けるか、ギヤ部分が加熱してきます。

10000回転でちょうど良く回るように、ガタを作ってあります。

それは、ガタではなく、遊びと言います。

ギヤが動くのに、遊びというものは、大切な役目をしているのです。

と、言う説明をさせていただき

納得してもらったことがあります。

中国の人に、1000回説明しても、遊びと、ガタの区別は付かないでしょう

メイドインジャパンは性能が悪い、

どうしてかというと

ガタがある。
、いかさま師の手口 今日は、ヒロさんの独り言



3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

中国製 カブトライク試乗中 : 2009.07.20[Mon]

カブトライクも、ほとんど出来上がってきましたが

天気に恵まれず、なかなか乗ることが出来ません。

荷台の製作は終わりました。

ジェネレーターの発電量は、70W位しかなく

荷台の下に、10Aのバッテリを入れ

通常は、充電するだけにしてあります。

画像 1557

スイッチを設け通常は右側(OFF)にしておきます

セルが回らないときに、左側(ON)にすると電気を本体のバッテリーに

貸してやることが出来るようにしました。

エンジン始動したあとは,OFFにしておきます。
画像 1558

画像 1556

こんな感じで出来上がりました。

画像 1522

走っていると

とにかく   目  立  ちます。

幅が、800mm以上のトライクになると

車と同じように、左右対称

車幅燈ブレーキライトが、必要とのことで

夕方、ライトを点けての走行後では

間違いなく、

セルは回りません。
画像 1543
画像 1546



画像 1550

画像 1544

現在走行距離、56kmですが

川原での写真撮影後

どうも、振動が少し大きくなってきたようなので

点検を行ったところ

画像 1551

スイングアーム取り付けネジが緩んでいました。

ダブルナットではなく、はずれ止めつきのナットが

取り付けられていましたが

はずれ止めの機能が全く理解されていない様子のネジでした。

どうも、最終減速比のスプロケットの歯数が、125ccには、合っていないようなので

前を16Tに交換する予定にしています。

それにしても、

夏はいつ来るのであろうか

いかさま師の手口より
 
3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

カブトライク災難は続く : 2009.07.20[Mon]

8/11無事に

428型 16Tスプロケット★金具、ボルト付き

が届きました。

早々取り付けようとしたところ

欠陥部品でした

送り状を見て、

急いで、電話をしたところ

7回くらいの呼び出し音のあと

呼び出し音が変わりました

早く出ろよと思っていたら

通話料金だけが見る見るうちに

加算になり、160円もかかってしまいました。

NTTに、電話番号で、問い合わせをし

事情を話して調べてもらったところ

この電話番号の

登録は、ないそうです。

佐川急便・西濃運輸・ヤマト運輸

等での契約は、間違いなく出来ません。
福山通運は、でたらめ番号でも

契約が出来るとは

驚きである。

こちらとしても、急ぐので

取引ナビで、メールを入れました。

商品が届きました。

はめ込む前に、部品を点検したところ

スプロケットの

はずれ止め金具取り付け部のネジ穴が

ネジ穴ではなく

ただのギザギサの為

はずれ止め金具取り付け困難です。

間違いない商品を早急に送ってください。

それと、貴殿の電話番号は、現在使われていない様子です。

最低限の、マナーは守られたほうが良いと思います。
 

と、メールを入れたところ

全くの連絡なし

次の日に 又メールを入れました。 

10時30分まで待ちましたが、連絡がきません

取引ナビは、15回使用できるので

10時30分に

同じ文章を5回連続で入れてみました。

それだけヒロさんは

困っている と言うことです。

一時間後やっと回答が来ました。

回答が、下記のようになります。

商品の注意事項を再度記載しますね。

◎商品の初期不良は到着後3日迄、画像を添付して頂き確認が取れましたら良品と交換致します。
◎輸入品ですので神経質、几帳面な方は日本製を推奨しますので、ご入札は控えて下さい。
◎クレームには敏速に対応致しますが、暴言、威圧的な発言はお断りしております。必ず取引ナビに記載して頂き24時間以内にご返答致します。
◎上記、基本的なマナーを守れる方のみのご入札でお願い致します。

と記載してあります。 マナーを厳守して下さい。
又、弊社の電話番号は ちゃんと ありますけど
電話での受付は一切 しておりません。
不良品でしたら ****@yahoo.co.jp 迄 不良箇所の画像を添付して頂き
取引条件を厳守して下さい。
追伸 スプロケは 300枚以上販売してますが 

一度もクレームなど御座いません
。        
 
 
という回答でした。

NTT間違いなく登録はありませんといっていた。

ヒロさんも、最新のソフトで、検索してみた。

確かに登録は無い


ねじ山が無いのであるから

ねじ山が無いのである

すみません

交換します

と言う言葉を知らないのであろうか?。


一般の人だったらどうするのであろうか

第一に、6ミリのタップ穴の

不良箇所の写真が撮影できるであろうか。

写真を撮りメールしたところ

本題ですが
スプロケットのはずれ止め金具の取り付けネジの
ネジ穴が、スカスカ状態ではずれ止め金具の
取り付けが困難な状態です。

対応のほうよろしくお願いいたします。

非常に急いでおります。

ご連絡お待ちしています。

通常のネジ
通常のタッブ穴


画像 046

画像 043

画像 042

6ミリネジの場合

タップ下穴は、5.1ミリドリルで穴を開けますが

5.8ミリ~6.0ミリで、した穴をあけられた様子で

6ミリネジがスカスカ状態でした。

先方からの返事は、

ご連絡有難う御座います。

画像を確認しましたが 

お客様の締めすぎによる破損では?


ネジを切り直せば済むはなしですが、、、

今回はスプロケを

本日、再度 お送りいたします。

別IDでも複数 出品してますが

 連続の取引ナビによる 

威圧、圧力、暴言は 初めてですので、、

弊社はマナーの無い方とは 

お取引はしませんので 

又、ご縁がありましたら注意事項を厳守して頂き 

ご入札下さい。

今回は落札頂きまして有難う御座います。                  店主


と言う回答でした。

ヒロさんは久しぶりに

カチンときました。

スプロケットの製作工程を述べると

長くなりますので、結論から言うと

取り付けネジとスプロケットのタップネジと

喧嘩をさせた場合

ボルトのほうが負けて

ねじ切れてしまいます。

普通の、

ボルト  ナット  でも同じです

ナットのタップねじ山のほうが、強いのです。

ましてや、スプロケットのタップネジ

スプロケットを甘く見てはいけない

歯車の部分は、きつく焼きが入っています。

中心に向かって、焼きがやわらかくなっていきます。

生ボルトで、

どんなに強く締め付けても

スプロケットの

タップネジを破損させることは無理なのです。。


6ミリ以上の穴に

6ミリのタップ穴は

ヒロさんでも無理である。

悪いものを悪いと言って

何が悪い

商品を持って

お伺いさせてもらって

ついでに6ミリの

スパイラルタップもお貸しするので

タッブ立ての

腕前を見せていただきたいものである



画像 1567

画像 1569

威圧、圧力、暴言は 初めてですので、、

弊社はマナーの無い方とは 

お取引はしませんので 


ヒロさんは

威圧、圧力、暴言

など一言も言ってい無い

いかさま師の手口より

ps
これは8/12日の事である

今日は、8/13日

商品到着を待っているが

一向に入荷して来ない。

もうすでに16時である。

在庫品が無かったのであろうか

在庫品が全部不良品だったのであろうか。

ヒロさんも

すみません

ごめんなさい
確認してみます

を 言えない

最低限のマナーを守れない人とは

お付き合いしたくない。




3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

8/18カブトライクスプロケット入荷 : 2009.07.19[Sun]

カブトライクの、スプロケット1個のおかげで

お盆休みが、無かったヒロさんである。

8/14日も、夕方5時まで入荷を待っていました。

自宅から、店舗までの距離は16kmあります。

結局、入荷したのが8/18でした。

入ってきたものは、

前の商品とは、全くの別物

削りだしの精度が違っていました。

非常に、よろしい商品でした。

ただ今回は、

気分が悪いので

この商品は使用しません。


atv_custom さんより購入させていただいた

17Tのスプロケットを使用したいと思います。

ついでに、チェンテンショナー

取り付けたいと思います。

2回ほど atv_custom さんを利用させていただきました。

小物なのですが、おまけが付いてくるのです。

それも

それもこれからの、作業において

絶対に、必要になるであろうと

思われる商品で

思わず


あ り が と ~ う っ 。

んでしまいたくなる

商品なのです。

心遣いありがとうございます。
驚異的な評価の理由がわかるようです。

さて

スイングアーム

取り外しました。

またまた、大変なことが

発覚いたしました。

画像 1589

画像 1590

画像 1591

スイングアームに、

カラーがはまっていないのです。

乗ったときの

がたつき振動

ぶれ不安定感
すべてが、ここからきていると言うことです。

はっきり言って、

あってはいけないことです。

150ccのエンジンを積んでいます。

高速走行OKです。

確かに、そうであるが

エンジンを大きくしても

ギヤ比が50ccでは、

エンジン全開で、スピードは65kmくらいでしょう。

ましてや、スイングアームのカラー

取り付けられていない、がたがた状態では


殺すきかーーーああ
 
マジに、死 ぬ よ ッ

飾り物なので  、  公道走行は、


死ぬ 覚悟 を 持って 、 行ってください。

に、変更

いかさま師の手口より

中国製トライク、確かに、格好はいいが

購入してから、本当に公道走行できるまで

最低50万くらいはかかると思われます



見てくれる、バイク屋さんが有るかである。

ヒロさんのところに持ってこられても

ご勘弁願う。

画像 1594


画像 1595

肉厚1mmのカラーである。


どうしてこれを
入れられないのであろうか???。

論外である。

ヒロさんより


3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

カブトライク・完成いたしました。 : 2009.07.18[Sat]

待ちに待った、カブトライクの完成です。

スプロケットを替え

チェンを替え

スイングアームのカラーを取り付け

ついに完成いたしました。

乗り心地は、

依然あった

ガタツキ

うそのようになくなりました。

スピードも余裕を持って

60km走行が可能です。

これから

自宅まで

乗って帰ります。

おやすみなさい。
画像 1601

いかさま師の手口より


3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

カブトライク災難は、さらにつづく : 2009.07.17[Fri]

おやすみなさいと言ってから

自宅まで、乗って帰ったのは、良かったのですが

後輪部分よりの

若干の

異 常 音
すぐに引き返してきました。

明日分解しようと、工場にいれ

本日分解してみました。

画像 1602
タイヤを外したところです。

画像 1603


画像 1604

ディスク板を外すと

シャフトは、ベアリングで、支えられています。

画像 1605


画像 1607

画像 1609

ここの部分は、

多分密閉型のベアリングを

2個取り付けるわけですが

これから外してみますが

多分1個なのでしょう。

それにしても

やわな

ベアリングである。

現在の

走行距離
111kmです。

時間にして、3時間くらいしか

持たない、ベアリングがあるとは

驚きである。

国産のベアリングは

10万時間と言われています。

6205RS
と言う ベアリングが付いていました。

メーカー名は、不明です。

国産のベアリングの最高級品でも

ヒロさんのところへの

入りのお値段

1個 400円を切ります。

中国 さん せめて

このような大事なところには

日本製を使用してもらいたい

デフを分解し

早いとこ、作り直しましょう。


いかさま師の手口より


このまま行くと

この中国製のカブトライクは

国産レベルをはるかに超えて

ヒロさんレベルになってしまう。

ヒロさんの独り言





3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

乗ってはいけない、中国製トライク : 2009.07.16[Thu]

カブトライク、

デフを輪切りにして

修理になります。

画像 1610


画像 1611

画像 1612

見事に、輪切りになりました

画像 1614

シャフトを外す場合

専用の工具が必要になります。

画像 1616

破損したベアリングの残骸です。

画像 048
画像 049
画像 050
画像 051

ベアリングの

鉄玉拡大写真です。

鉄 の 玉 を  、

鉄 の 、球 体 を

  作    る

技 術 が 、未 だ に

無 い よ う で す  。

鉄球 を 作ることが  出来ないのに

ベ ア リ ン グ を 作 る と は 、

驚 き で す 。


この 鉄球 の

破 損 を見てみると

また、専門家 から見てもらったが


このレベルで


ベアリング


を作ってはいけない


とのである。

多分、絶対

中国製  の  トライクの

デフ の、 ベアリングは

このような

ベアリングが、

はめ込まれているのであろう。



絶対


公道を走ってはいけない

いかさま師の手口より

3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

中国製トライク デフ修理 : 2009.07.15[Wed]

中国製トライクのデフの修理の様子です。

修理と言っても

ヒロさんの 鼻くそ のような

鉄球が、はまり込んでいた、

ベアリング
壊れるのは当たり前である



分解して、見て驚いたのは

デフである。

画像 1613

構造的には、間違いないが

せめてもう少し、たっぷりグリスを入れてもらいたい。

車のデフの中には

デフェンシャルオイルと言うものが入っていて

デフは常に、オイルの中につかっているものである。

高速回転(時速60km前後)にした時

グリスがケースの周りに付着

ギヤオイル切れを起こし

焼きついてしまうと思われます。 

すべてにおいて


大  クレーム商品  である

画像 1624


画像 1623


二硫化モリブデングリスをたっぷり入れ込み

ついでに、6ミリでタップたてを行い

グリスニップルを取り付けてみました。

一年に一回は、注油をしましょう。

この様なデフの場合

デフケースの隙間から

油が、にじんでいるくらいが

デフにとって、一番良い状態です。

画像 1625


画像 1626

ベアリング取替え後

がっちりと、溶接をしました。

溶接後、

おそる・おそる

スプロケットをまわしてみると

左右シャフトが、

同時に 同じ方向に 回りました。


セッティング

ば っ ち り で す 。

yahooオークションなどを見ていると

中国製のトライクが数多く

出品されています。

ビックスクーター風のものから

ハーレータイプまで

問い合わせを見てみると

何キロ出ますか

と言う

問い合わせが多いように思います。

どれぐらいの


覚悟がありますか?。

と、

問い合わせをした人に聞いてみたいところである

ヒロさんの感想では

安全に走行できるスピードは4~5キロメートル

です。

はっきり言って

公道を走ることが出来る

飾り物です。

この様な文章が良く書いてあります

組立て、整備や使用するには多少バイク、

自動車の知識や技術力が必要です。

できない方は経験技術者か、

お近くのバイクショップなどに依頼してください。


間違いない使用するのであれば、多少の知識でよいと思うが

中国製のトライク

公道を走らせるとなると

オートバイを一人で一台
作り上げるくらいの技術力と知識がないと

公道を安全に走らせることは、

無理と思われます。

ためしにヒロさんも

バイク屋さんに行き

428-150駒のチェンと

428-17Tのスプロケットを

頼みました

中国製のトライク

整備していることを告げると

あっさり断られてしまいました。


いかさま師の手口より

デフ部分のボルトは

ハイテンションボルトが使用されていましたので

そのままのボルトを使用して組み立てましたが

スプリングワッシャーが、デフ部分には付いていましたが

あまりにもお粗末なので

ステンのスプリングワッシャーに取り替えました。

他の部分には、スプリングワッシャーが付いていませんでしたので

スプリングワッシャーを入れ込みました。

キャブレター取り付け部、マフラー取り付け部にも本来

スプリングワッシャーが取り付いていなければならないのですが

取り付いていないのが現状です。

あとで入れます。

今週中には、出来か上がる予定です。
3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

中国製トライクの完成 : 2009.07.14[Tue]

中国製トライクが

yahooオークションに良く出ている。

今日は、質問をして見ました。

個人で出品している人には、非常に失礼ではあるが

振動がある商品と、思われます。と問い合わせたところ
公道通勤 快調使用中なのにどうして

手放すのであろうか・・??。

40キロで、運転に差し支えない程度の震度はあるそうです。

廉価でも走行距離1000kmで正常走行していればまず問題はなく、

必要なら、差し込むだけで簡単かつ全部で

4千円程度の電装品(CDI・レギュレター・IGコイル・リレー)を

常備すればよいと思います。




トンチンカンな

返事が返ってきました。


通常のエンジン回転で

時速 20~30km走行が可能

50kmが限界のようです。

ギヤ比を変え

スピードを出した瞬間に

デフの、シャフト側のベアリングが、吹っ飛びます。

吹っ飛んだ、ベアリングを交換する工具が

販売されているようですが

また、シャフト側のベアリングのみ交換され

オーバーホール済みとして

販売されているものもあるようです。

いずれ、デフ側のベアリングも

破損すると思われます。

デフ側の、ベアリングの交換には

ヒロさんのように

一回、溶接箇所、または適当なところを

切断しない事には

交換が出来ないようになっています。

前輪の、軸のベアリングも

同様

交換が必要です。

言葉のあやで、非常に理解に苦しみます。

通常に、使用できる状態とは
どのような状態なのであろうか??。

40kmで運転に差し支えない振動は

50kmで2倍 

60kmで4倍の振動があると思います。

安いから、しかたがない

中国製だからしかたがない


10万--20万円で買った商品に

100万円の商品と同じ性能を要求するのは----・?

と言う問題ではないと思います。

自分の命にかかわる問題です。

10万円の商品を、100万円の商品に

変えることが出来ない人は、

手を出さないことです。



余談はこれくらいにして

画像 1628
グリスニップルにロックタイトを塗布しデフに取り付けました。

画像 1629

画像 1631

チェンが長くなったのですから

チェ-ンテンショナーも取り付けました。

現在、99パーセント完成しています。

かれこれ、2ヶ月が経過しています。

カラーを入れたことで、

フレームのガタツキは、全く無いと思います。

たったそれだけで

ガタツキ振動は、なくなります。


試してみてください。

足回り、デフ関係は、すべて国産ベアリングに交換済みです。


軽自動車並の、シャフトが付いていましたので

強度的にも全く問題ないと思われます。

予想では、

2速でちょっと吹かして

時速 50kmの設定です。



明日・・・・・。

走るのが、楽しみになってきました

いかさま師の手口より

3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

三輪トライクのブレ振動 : 2009.07.13[Mon]

今日は、朝から
修理品催促の電話から始まりました。

近くの、ホームセンターより

チェンソー修理

依頼されていた

出来上がってはいるが

中国製三輪トライクの整備に夢中で

持って行くのを忘れていました。

出来上がった

中国製トライクに

チェンソーを積み込み

出発です。

緩やかな坂を上り橋を渡ると

4kmの直線道路が続き

直線道路が終わったところに

その、ホームセンターはあります。

ローで20km・セカンドで40km

サードで、60km巡航スピードに乗りました。

安定しています。
これ以上のスピードは要求しませんので

合格点です。

荷台もデフ軸の補強を兼ねています。

フレーム自体が

50ccのカブなわけで、

フレーム強度は、50ccです。

30km走行において、

安定した走りが出来るように作ってあります。

カブの場合、107cc エンジンが付いている

商品も販売されていますので、

少しは、フレーム強度を増してあると思われます。

80kmのスピードを出すには、

160kmのスピードに耐えられるような

フレーム強度と、ある程度の重量

最低限必要ということです。

簡単に言いますと

100円ライターくらいの

異物が落ちていたとします。

時速30kmで踏んだときの衝撃と

時速90kmで踏んだときの衝撃は

10倍くらいの違いがあります。

それに耐えるための

フレーム強度と、足回り強度

が必要で

エンジンだけ大きくしても、

スピードは、出ません。

当時、150ccのエンジンが積まれていましたので

当然高速道路も、走行できるのでは----???。

と思われる、方もいられると思いますが

はっきり言って

無 理 です


また、販売メーカーサイド

正確な納車整備や日常の点検整備の下で、
基本的な走行機能(走行・停止など)を保有している商品です。
過度な製品精度や耐久性を要求される方の入札はお控えください。


この様に、謳ってあります。

過度な製品精度や耐久性

をどのように解釈するかが問題ですが。

50km以上のスピードでは、

確実に足回りが、

吹っ飛びます。

時速40kmを限界としますと

時速20km以下

中国製トライクの巡航スピード

基本的な走行機能(走行・停止など)を保有している商品

該当すると思われます。

いかさま師の手口より

画像 1640

画像 1643




3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

トライクの完成 : 2009.07.12[Sun]

中国製トライクが、安全に公道走行が出来るようになるまで
2ヶ月かかりました。

2009年9月1日三条市のはずれから

自宅までの、片道15km

天気も良かったので、乗って帰りました。

画像 1647

フレーム品質を上げたことによる

ブレ、振動の軽減

また、デフ分解修理により

時速150kmにも絶えられるであろう

デフ軸の強化による

安 心 感

前進が3速しかないので

ちょうど良い、ギヤ比が見つからないが

ローはスタート

2速は20kmから50kmの中速域

3速は40km以上という高速域

と一つ一つのポジションが

しっかり自分の役割を果たしています。

他の、車に迷惑をかけることなく



スピードの流れに、乗ることが出来ました。


画像 1653


画像 1654


画像 1655


田園風景に、よくマッチングしています。
ストレス無く

走行できるようになったのはいいが

乗っていて、一番困ったことは

周りの

視線でした。

ヒロさんに対して

指をさす人もいました。

ヒロさんは

    人から指を指されるような

        悪いことは、


     なにもし て い な いのに。



いかさま師の手口より


現在の走行距離221kmです。

今後、燃費の計測後

販売予定にしています。

3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

トライカブの感想① : 2009.07.12[Sun]

昨日は、燃費測定をかねて、

三条市籠場から

山のほうに向かって(旧下田村)走ってきました。

大谷ダムまで行ってきました。

画像 1657
画像 1658

2速で、長がい、坂道

やっとの思いで

登りきり

ダムの湖畔に到着いたしました。

125ccのエンジンには、

ちょっと無理がありました。

画像 1661

画像 1663

カブトライクも、ちょっとお疲れ気味です。

乗っていてやはり

不便が出てきました。

バックを入れるスペース

缶ジュースを置くスペース

出来れば、灰皿

取り付けようと思います。

一番最初の完成時は、

150ccのエンジンで

全開で時速40km

それも恐怖感を覚える

がたがた状態。
ただこの状態で

中国製だからしかたがないと

安いのだから、しかたがない。



走行している人も

多いと思います。

実際

日本製の高級類似商品のような
緻密で精巧な工業精度を持つ商品ではありません。
正確な納車整備や日常の点検整備の下で、
基本的な走行機能(走行・停止など)を
保有している商品です。
過度な製品精度や耐久性を要求される方の入札はお控えください。


とかかれています。

ヒロさんの見たところによると

ベアリングのはめあい精度

等は、100分の1mmの基本的な精度が出ています。

基本的

緻密で精巧な工業精度
が無ければ

修繕のしようがありません。

様は

肝心な 部品の抜け

知らないのでしょう

国民性による


組み立て の  精   度

ただ、品質が悪いと言うことだけです。

こんなにも良い商品を

使い物にならない状態にしたのは

知 識 ・ 技 術 が 全く無い人達が

儲 け 主 義 で、買い付けをして

税 関 を通しているからだと思います。

あまりにももったいないことだと思います。

ただ、まともな工具を、

中国の人たちに与えると

その日のうちに、無くなってしまうと言う

現実もあるようです。


                いかさま師の手口より

NEW250B5.jpg

いかにも走りそうな、

中国製のトライク である

最高速度120km

電光石火のごとく駆け抜ける

との事であるが、

この様な事例があります。

組み立て終わって

何キロ出るかなと思い走ったところ、

時速60kmで

後ろのデフの車軸のベアリングが

ぶっ飛び

ベアリング交換時

玉が3個しか付いていなかったとの事である 

車軸が抜けなかった事で

事故にはならなかったようであるが、

車軸が抜けたら、死んでいたと思われます。

そういうとヒロさんのカブトライクの

車軸の止め輪は

片方しか取り付けられていませんでした。
画像 1609

このベアリングが抜けると

車軸が飛び出てきます。

ベアリングが抜けないように

止め輪が外側に付きます。

中国製トライク

整備済みとして30万円前後で、

販売、出品されているものもありますが

目に見えるところ

手に、触れられるところ

だけの、整備なのか

ヒロさんのように

徹底的に、時間を惜しまずやったのかでは

雲泥の差があります。

人を使って、徹底的にやりますと

やはり、国産商品を販売されている

方のような価格以上になると思います。

ちなみに50ccの

カブトライクを作ってもらった場合

製作費用

原価で75万円だそうです。

納期は、3ヶ月かかるそうです。

50cc以上のものは製作しないそうです。

当然、善意で、製作するわけではありませんので

販売価格で、100万円以上になるものと思われます。

中国製トライク、自分で整備をして

品質を上げてから、走行しましょう。

決して、悪いものではありません。

自分で出来ない人は

安全のために

乗らない  と言うことです。


バイク屋さんでは見てくれません

自分の安全は、自分で守りましょう

ヒロさんの独り言










3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

カブトライク スピード調整 : 2009.07.11[Sat]

最終減速比により

エンジントルクと相談しながら

前後の、ギヤを選んでいくわけですが、

通常50ccのカブは、

前14T-後ろ40T が取り付けられています。

後ろのタイヤが小さくなった分

カブトライク

後ろは37Tになっています。

○○Tは、スプロケットのギヤの数です。

これで通常の50ccの

カブのギヤセッティングになります

前を大きくすることでスピードはあがります。

初めは、14Tが付いていたわけで

時速30km安定走行になります。

トルクが大きな分

非常に乗りにくく

当初ヒロさんは、16T と決めていましたが

面白くないことがあり17Tを取り付けました。

一人でマイペースで、走るのには非常にいいのですが

通勤で、車の流れに乗って走るには

3速での

時速 30kmから50kmあたりの

ちょっと トルク不足がありました。

強情っパリで、17Tを取り付けていましたが

やはり

前を16Tに取り替えました

チェンは428-132駒です。

カブ110ccでも

17Tを取り付けて

高速走行は、楽になりますが

一般道では、ちょっともたつきますので、

125ccと言っても、

トライクは、重量がありますので、

ちょっと無理でしょう。


画像 1675

画像 1674

いかさま師の手口より

昨日9/6スプロロケットを取替え

前輪の空気圧を2.8kg/cm2にして

前輪を確認したところ

スポークの半分以上が

がたがた状態でした。

ヒロさんの点検漏れでした。

早急に 閉めなおしました
往復30km自宅まで乗ってきました。

エンジントルクの、

   一番太いところが

     時速45km位の設定になりました。


     町乗り主体ですから

     これくらいがちょうど良いと思います。


ギヤ比が確定したところで、

次は、

キャブレター調整、燃費計測になります。

と思いきや

どうも、燃料計が、故障のようで

常に満タン状態です。

なんと楽 し い  ことであろう

ヒロさん より






3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

カブトライク飾りつけ : 2009.07.10[Fri]

カブトライク、にりが付きました。

後ろのコンテナー

グリーンにしてみました。


画像 1736

まずは、 風 防です。

これを取り付けただけで

こじんまりしていた前のほうに

迫力が出てきました。

また

運転していて

全く違う乗り心地に

変身した感じです

画像 1739

画像 1738

インナーラック です。

雑誌がちょうど横向きに

入る大きさです。

念願

コップ立て



灰皿も取り付けました。

画像 1737

チェーンテンショナー

しっかりと役目を果たしています。



残念なことに

今日は、雨です。

いかさま師の手口.より


ホンダ

リトルカブ用風防

スーパーカブ用インナーラックです


世界に一台


カブ トライクの ほ ぼ  完成です

来週は、晴れの日が多いようです。

ドライブに行きたいなと思っていますが。

ヒロさんもなかなか忙しい

3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

カブトライク 走行距離736km : 2009.07.08[Wed]

中国製のカブトライク

通勤に使用し

順調に走行距離を伸ばしています。

走行距離  736km

オイル交換時期です。

今日は、雨なので

昨日は、ヒロさんの愛車

ごんた君、で帰りました。

ごんた君は、最近全く相手にされず

今月の、給油は9月1日に一回 のみでした。


今日は、カブトライク雨具を作ってやりました。


画像 1740


画像 1745


画像 1741

ハトメ穴をあけ

こんな感じになりました。

不要のときは、折りたたんで

後ろの荷台の籠に、入れておきます

籠の敷物代わりにちょうど良い感じです。

画像 1742

最近どうも

前輪あたりから

ネジが外れて

ころころ転がっているような

音がしています。

ほとんどの部分を 分解、点検  をしましたが

一箇所まだ、やってない部分があります

前輪

サスペンションです。

と思い

雨の中で点検したところ

画像 1743

画像 1744

恒例のごとく

バネ下の部分に

ガタツキが出てきました 。

恒例のごとく

晴れたら

前輪のサスペンションを

分解してみましょう。


いかさま師の手口より

3輪バイクの製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。