FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
38歳・男性・
本業は修理屋(人生の修理も承ります)
過去に痛い目に遭った事、多数・・・
写真はハードボイルドでも、実際はソフトタッチ。
気分はいつも「トルコ行進曲」
詳しくはカテゴリー「自己紹介など」をご覧下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

情報交換しませんか?

名前:
メール:
件名:
本文:

PR

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト : --.--.--[--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // COMMENT[-] // TRACKBACK[-] // Top

片培土器2 : 2008.06.25[Wed]

片培土器を作ろうと思い
一週間が経過してしまいました。

人は、どうしても楽がしたくて、ついついでものを考えてしまいます。

ものづくり、頭で考え成功した人は一人もいません。

思い立ったら、とりあえず、作ってみる


作ってみて、だめなら改良する、

ヒロさんもついつい悪い癖が出てしまいました。

kk画像 480


まずは製作した、片培土器での試験です。

かるく土をかける。という目的で製作してみました。

kk画像 481


kk画像 482


kk画像 484


一号機としては、まあまあかなっと思います。

あとは改良あるのみです。

話は変わりますが

昨日HCのほうに、

ウネタテキの様子を伺いに行ってきました。

ちょっとお店の人に、質問したところ

ビデオを見ていってくださいとのこと。

本田技研工業、汎用事業部さんが

製作されたビデオというものを見させてもらいました。

まず耕し、畝を立てる。

きれいな畝が出来たら

作物を植える
または、
種をまく


と、言うことです。

多分

畑全体に、科学肥料がまかれているのでしょう。

多分

ヒロさんのところとは

ちょっとやり方が

違う

と思いました。



ヒロさんのところでは、もったいなくて

畑全体には肥料がまけません。


ヒロさんのところでは

まずは、

良く耕し


kk画像 487


耕すのは、キャビン・エアコン・DVDプレーヤーつきの大型トラクターで耕しました。

畝を立てるところに


溝を掘ります


kk画像 488

この谷上げ機は、タイプBとタイプBⅡの中間のタイプです
市販のイエロー培土器とほぼ同じ角度です。

この溝では、だめだ

私の、母よりクレームが出ました。

ヒロさん製作のWタイプの登場です。

kk画像 493


kk画像 497


kk画像 498


溝の幅がよくわかるように

ヒロさんの、長靴を置いてみました。

この溝に、

まずは

肥料をいれこみます

土と交わらせ

この溝の上が

最後には、高く盛り上がり


植え付けの、畝になります。

ヒロさんは、こんな感じで畑仕事をやっています。

母が一人で、

鍬を持ってやったら、

多分一日はかかるでしょう

ちっちゃな耕耘機ですが、

を掘りあげるのに

所要時間20分でした。

当県では、ほとんど

ヒロさんのようにやっていると思います。



kkb 214


タイプBで
まずは、肥料を入れ込む
溝を掘った状態です

kk画像 216


左がタイプB右がタイプWで作った溝です。

溝に、肥料を入れ込み、

土となじむまでは、

一週間以上かかります。

畑全体に肥料をまきますと

草も多くなります。


今後、畑作りの様子等も、書き込みますので

よろしくお願いいたします。

時期は終わりましたが、

今年の、イチゴは、

とてつもなく、おいしかったです。

多分、大量に入れ込んだ

鶏糞様の仕業によるものと思われます。


いかさま師の手口より



ヒロさんの大きな長靴
ヒロさんの足は、マヌケである。

ヒロさんの、妹も、マヌケで、21cmしかない。

ヒロさんも、靴を探すのには、苦労をしている。

アイススケートに行って、

見栄をはったら、

捻挫というものをしてしまい

ピーポーピーポーという代物の

厄介になってしまったこともある

スケート靴だけは、見栄を張るものではないと

つくづく、思っている。

ちまたに、ヒロさんの長靴は、25cmである。

これより小さいものは、取り寄せとのことで

あったので、

我慢をして

はいている。



 
 








スポンサーサイト
製作 過去 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

片培土器 : 2008.06.17[Tue]

何とか、売れ始めた、培土器である。


皆さんありがとうございます

今でも日々改良に取り組んでいます。

いろいろ試した中で

土に刺さっていくような前傾よりも

やや後傾の方が抵抗が少なくなり

畝形状がきれいにできる事

などがわかってきました。

やってみないとわからない物です。

今後は、若干後傾姿勢になるように

作っていきたいと思っております。

又小型耕耘機の軽量性を生かして

上下に揺らしながら培土器を引っ張っていくと

しっかりとした畝が形成されます。

現在タイプですが

どうしても、片培土器の完成を

強く望むとの声が

農機具店サンのほうから

ヒロさん

楽しみにしているヨッ。。

との事である。

確かに

片培土器

あったらいいなと思います。

タイプ K

作ってみますか。。

乞うご期待

いかさま師の手口より


製作 過去 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。