FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
38歳・男性・
本業は修理屋(人生の修理も承ります)
過去に痛い目に遭った事、多数・・・
写真はハードボイルドでも、実際はソフトタッチ。
気分はいつも「トルコ行進曲」
詳しくはカテゴリー「自己紹介など」をご覧下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

情報交換しませんか?

名前:
メール:
件名:
本文:

PR

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト : --.--.--[--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // COMMENT[-] // TRACKBACK[-] // Top

コメント投稿フォーム // コメント

COMMENT:


NAME:

SUBJECT:

BLOG/HP:

PASSWORD:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

[6]管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.09.08[Sat] // 投稿者[-] // 編集 // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://hiro14899.blog71.fc2.com/tb.php/240-7cd4aeaf
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

中国製 トライクの現状 : 2009.10.08[Thu]

最近、はやっている3輪バイク

トライクと呼ばれているらしい。

ヒロさんも、ほしいなと思い、ためしに買ってみました。

とりあえずは、中国製の、トライカブと呼ばれているものを買ってみました。

中国製は、90パーセント組み立てられた状態で、

鉄枠梱包で送られてくるとの事

早速、購入
福山通運の、営業所止

引き取りに行ってきました。

画像 053


画像 054


画像 055

まさしく、鉄枠梱包でした

2時間で組み立て終了いたしました。

画像 056
画像 058

前輪が外れた状態での梱包でした。

組み立て終了し細部を見てみると。

外見は、非常によろしいのですが、

中国の方は、塗装というものに対して理解がしいのか

脱脂しない状態で、色を吹いている様子で

溶接箇所からのさびが激しく

また、メッキされている、マフラーにも塗料がふんわりかかっていました。

手直しが必要と判断

錆びている部分には

高濃度亜鉛コートを、塗布しました。画像 085


マフラーは、ピカールを付け磨き上げました。

画像 059

写真撮影をしていると、おかしなものを発見


画像 062

ホンダスーパーカブフレーム号機刻印である。

ヒロさんの購入商品の うたい文句

当社は中国の大手バイクメーカーとの共同開発により、
日本初の量産型カブ・トライクをリリースいたしました。
名付けて「トライカブ(Trycub)」
このトライクは当社の完全オリジナル企画によるものですので、
他社では絶対に入手できません。
今後、類似品が出てくるかもしれませんが、
日本企業をバックアップする高品位オートバイメーカーとの
長期開発と多数の開発車両による製品ですので、
簡単に模造製作されたものとは品質・精度が違います。
お目立ち度抜群のニュービークルをトライしてみてください。

との事であるが、

不吉な予感がしてきた。

思い切って、ねじを4つ外し

前の風防を、外してみました。

まさしく うたい文句どうりでした。

画像 064

間違いなく、

ホンダの  カ ブ  のフレームでした。

それも、錆びていました。

ここにも、たっぷり

高濃度亜鉛コートで処理を行いました。

画像 065

画像 066

多分、中国に、ポンコツで、 船 に  山のように積まれていった

オートバイ達の、


帰 国    と思われます。

中国のことだから、そんなもんでしょう。


ただ販売元対応は早く

諸元表・通関証明・譲渡証明

等の書類は、依頼の次の日には到着いたしました。

早速本日、午前中に、

軽自動車協会に行き

ナンバーを収得いたしました。

ナンバーを取り付け

燃料を入れ

エンジンを始動させ、

暖気運転

5 ~ 6 分

前進ギヤに入れたところ---エンスト

数回やってみましたが、だめでした

オイルを、再確認

工場内に入れ

後輪 を ジャッキアップ

エンジンを始動させ

ギヤを前進に入れたところ

即座に後輪が駆動

クラッチ調整をやってみましたが、

湿式多板コイルクラッチ

が  焼 き 付 き

クラッチが、全く作動していない状態と判断

ヒロさんの、職業は、修理屋サンである

4サイクルエンジンがつまれた商品は、

過去に2000

2サイクルエンジンにおいては、

過去に4000台以上の

修理を行ってきているが、

暖機運転で、焼きつくエンジンに、お目にかかったのは今回が始めてである。

販売元とは現在、交渉中であるが

走行距離は、まだ200mである。

いかさま師の手口より

どのようになるのか、楽しみでしょうがないヒロさんである
スポンサーサイト
3輪バイクの製作 // COMMENT[1] // TRACKBACK[0] // Top

コメント投稿フォーム // コメント

COMMENT:


NAME:

SUBJECT:

BLOG/HP:

PASSWORD:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

[6]管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.09.08[Sat] // 投稿者[-] // 編集 // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

中国製 トライクの現状 のトラックバックアドレス
http://hiro14899.blog71.fc2.com/tb.php/240-7cd4aeaf
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。