FC2カウンター

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
38歳・男性・
本業は修理屋(人生の修理も承ります)
過去に痛い目に遭った事、多数・・・
写真はハードボイルドでも、実際はソフトタッチ。
気分はいつも「トルコ行進曲」
詳しくはカテゴリー「自己紹介など」をご覧下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

情報交換しませんか?

名前:
メール:
件名:
本文:

PR

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト : --.--.--[--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // COMMENT[-] // TRACKBACK[-] // Top

コメント投稿フォーム // コメント

COMMENT:


NAME:

SUBJECT:

BLOG/HP:

PASSWORD:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://hiro14899.blog71.fc2.com/tb.php/460-45725029
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ヒロさんの独り言 ① 農業 : 2013.09.09[Mon]

ねずみを飼い始めて一年半

ペットショップのお姉さんと良く話をします

なかなか

警戒心がない子

にめぐりあうのは

難しい

ハムスターでも

なかなか、難しい。

ねずみの種族は、警戒心が強く

なかなか、良い子にめぐり合うのは

困難をきたしている中で、

やっと、めぐり合えた

2匹

2013年9月3日には、

ぶじに、6匹の子供たちも生まれました。

一週間後、位には紹介します。

1億3000万年前より

警戒心を武器に

ほとんど形を変えずに生き延びてきた

哺乳類の、ご先祖様である。

と子供たちに、話をしたら

ヒロさん、それは違う

人間の祖先はサルである--

--といわれてしまいました。


その中で人の歴史は

4~5万年でしかありません。

ただ、哺乳類の中でも

自分の力で、食物を作り出す事ができるのは

人間だけです。

それも、まだ

3000年ほどしかたっていないわけで

それ以前は、狩りを行い木の実などを、食べて生活していたわけです。

日本人は、、と言うと

こんなに美味しい物が

この世に有ったのかと

ほとんどの人が、米を食べ始めた

と、言うのは、戦後の

配給制度が始まってからです。

一丁前な事をいっても、まだまだ

米を食べ始め--60数年です。

それまでは、おもに、芋、ひえ、等を食べていました。

東京の方から新幹線で

新潟県に来ると、湯沢、小千谷、長岡、三条、新潟

何処を見ても、今の時期ですと、

見渡す限り、黄金色に、米が、実っています。

この風景も、ほんの最近のことです。

現在では、穀倉地帯の、新潟平野(蒲原平野)

この面積は、東京都と、ほぼ同じです。

新潟平野も

90年前は、見渡す限りの、でした。

船に乗って、田植えをし、

稲作にいたっては

3年に一回収穫できれば良い

と言うくらいの

寂しい、土地でした。


現在の風景に近くなったのは

昭和6(1931)年 最終的に完成した

大高津分水(おおこうづ ぶんすい)

ができた--後

水害が少なくなり

耕地整理が進み

現在に、近い風景になったのは

今から、たった

50数年前のことです。

日本を代表する、穀倉地帯

新潟平野

ヒロさんは、

そこのほぼ真ん中に

農家として、住んでいます。

ところが最近

良くこのような事が言われます

農家の高齢化

あと継ぎがいない


これは

一次産業(農家)が儲からない仕組みを作ったためで

儲かれば、みんなが、農家をやります。

それに比べ2次産業、3次産業はというと

流通、販売の方は、笑いが止まらないほど

儲かっているようです。

農家から買い上げる価格は

新潟県産コシヒカリで、

60kg---1万4000円くらいですので

2倍以上の価格で消費者へ販売しています

欲深な商人は、毎年圧力を欠け

稲作農家は、毎年減反面積が増えます。

10%・20%・なんと30%と思っていたら

現在では、42パーセントくらいの割り当てです

稲作農家の場合実際に米を作らないわけではなく

42パーセントの面積に、米を作り

60kgで7000円くらいの安い

加工米

という名前の米を出荷させられます。

加工米ですから、せんべい等の加工に使われると思ったら

大きな間違いです。

玄米を、皆さんは食べていないと思います。

通常は白米を食べています。

玄米を白米に加工するわけですので

通常販売されている、お米にも加工米が当然使われます。

お米を出荷しますと

検査があります。

等級  整粒割合  水分含有  死米混入  着色粒混入  もみ混入
1等米  70%~  12%~15%  ~7%   ~0.1%   ~0.3%
2等米  60%~  12%~15%  ~10%  ~0.3%   ~0.5%
3等米  45%~  12%~15%  ~20%  ~0.7%   ~0.1

これは、、米を保管しておくための物です。

5年・6年と保管に絶える為の基準です。

又、白米にしたときの減り方が変わります

一等米
60kgですと、白米にしますと54kg

一割少なくなります。


商人はこの

目減りを非常に嫌います。


最近では、選別機の網目を1.90mmにしてくださいと

注文まであります。

国の基準は1.75mmです。

一等米がおいしいとか

2等米がまずいとか

全く関係ありません




ちなみに

カメムシ等の食害によるお米は

上記の表でいう

「着色粒」あたり、

1,000粒の中に

1粒でもこの着色米があると

1等米にはなれないという、

非常に厳しい検査です。

よって、

無農薬にこだわり

お米を作っていますと

航空防除で、周りの田んぼを

殺虫剤散布をされますと

やられたーと

死んでしまう者もいますが

やつらは飛びます、飛び回り

農薬から逃げようと必死になり

周りにいるカメムシなどが

農薬をされていない

田んぼに

一斉に、集まってきます。


良品が70%以上であっても

カメムシの被害粒が1,000粒に2粒あっただけで

格下げされますので、

農家は農協指導のもと

一等米を取るために

一斉に殺虫剤を

防除適期に散布せざるを得なくなるわけです。

検査には、もちろん、放射能検査などはありません。

その方法は

検査官目視検査です。


味に関する食味検査や、

残留農薬についての検査は行われません。

現在、食品に求められている

安全性や栄養価などの検査は

ほとんど行われていません。


カメムシが

食べたのだから

安全

おいしい




言うような判断は

間違っても

されません。


お米をインターネットなどで

農家直売などと、

販売されている方がいられますが、

8割が業者と思います。

特Aランクの一等米

等の表示は、

まさしく業者と思います。

白米にしますと

一等も2等も区別がつきません


カメムシも食べたおいしいお米

1,000粒に1~2粒

証拠あり

間違いなし


こんな表示で

販売してもらいたいものだと思います。



2000年より3ha以上の耕作農家は

青色申告を義務ずけられました

実際に4haで、青色申告をしますと

利益は有りません。

一人で、機械を使い

耕作できる面積は

4ha前後と思います。 

県の試算では、

6haの農家で600万の利益

と計算しているようですが

6ha耕作すると所得はマイナスになると思います。

お米は

1haで、60kgで--80~90袋位しか取れません

興味のある人は計算してみてください。

コンバイン500万

乾燥機200万

田植え機200万

トラクター600万

いずれも減価償却7年

土地改良費1ha----133000円

一体ヒロさんは、なにを書こうとしたのか

忘れてしまいました。

一部上場企業を辞めて

自由業になったヒロさんは、チョット悩んでいます。

農業をやっていますと

しみじみとわかるような感じです


江戸時代から言われています

身分制度

士 農 工 商

今でも、何も変わりありません

輸入を、止められたら

日本は、終わります。


いかさま師の手口より
スポンサーサイト
日記 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

コメント投稿フォーム // コメント

COMMENT:


NAME:

SUBJECT:

BLOG/HP:

PASSWORD:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

ヒロさんの独り言 ① 農業 のトラックバックアドレス
http://hiro14899.blog71.fc2.com/tb.php/460-45725029
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。