FC2カウンター

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
38歳・男性・
本業は修理屋(人生の修理も承ります)
過去に痛い目に遭った事、多数・・・
写真はハードボイルドでも、実際はソフトタッチ。
気分はいつも「トルコ行進曲」
詳しくはカテゴリー「自己紹介など」をご覧下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

情報交換しませんか?

名前:
メール:
件名:
本文:

PR

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト : --.--.--[--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // COMMENT[-] // TRACKBACK[-] // Top

コメント投稿フォーム // コメント

COMMENT:


NAME:

SUBJECT:

BLOG/HP:

PASSWORD:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://hiro14899.blog71.fc2.com/tb.php/498-4e155f7d
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

電動石臼のモーターについて : 2014.12.18[Thu]

今まであまり触れていませんでした

モーターについて

説明しておきます。
2013年 (3)

石臼の中心部より

シャフトを通し

上石臼を-回しています。


今までの商品は

オリエンタル工業の

インダクションモーター


●仕様: リード線
●質量(kg): 1.5
●タイプ: リード線
●出力(W): 25 ●極数: 4極 ●周波数(Hz): 50/60
●電流(A): 50Hz:0.65/60Hz:0.60
●電圧(V): 単相100
●シャフト: GNヘリカル歯切り
●コンデンサ容量(μF): 6
●温度上昇:
モーターを定格運転後に温度計法で
外被温度上昇を測定した値が60℃以下
●定格回転数(min-1[r.p.m])
: 50Hz:1250-/60Hz:1550
●絶縁抵抗(MΩ): 100以上
(常温、常湿においてモーター定格運転後、
モーターのコイル・ケース間をDC500Vメガーで測定した値)
●使用周囲温度(℃): -10~+50(凍結しないこと)
●シャフト形状: GN
●ギアヘッド取付角寸法(mm): 80
●使用周囲湿度: 85%以下(結露しないこと)
●絶縁階級: E種(120℃)
●絶縁耐圧: 常温、常湿において
モーター定格運転後、
モーターのコイル・ケース間に50Hz、
1.5kVを1分間印加しても異常を認めません。

●起動トルク(mN・m[gfcm]): 50Hz:130・1300
60Hz:110・1100

●定格トルク(mN・m[gfcm]): 50Hz:190・1900
60Hz:160・1600

これに

1/60減速ギャをドッキング

と--わけがわからないと思いますが。

連続定格モーターです。

モーター過熱を

重さ10kg石を回した状態で

45度以下に設定していました。


非常に贅沢な設定でした。


新商品

やっと完成いたしました。

2014-12月 (17)

一号機になります。

2014-12月 (16)


● モーターの特徴


今回は

パナソニック---インダクションモーター

設計いたしました。

一方向の連続運転に適したモータです。

運転定格は連続定格です。


24時間--365日連続で回すことができるモーター



2014-12月 (12)

●仕様: ハスバ歯車
●歯数: 9
●質量(kg): 1.2
●出力(W): 15
●極数: 4
●周波数(Hz): 50/60
●電圧(V): 100 ●コンデンサ容量(μF): 4


●定格電流(A): 50Hz:0.39/60Hz:0.35

無負荷状態では、0.23Aでまわります。

--1/60減速ギヤ取り付けた状態では0.25A
  100v-50hzにおいて
  0.39Aまで負荷をかけれますと----言うことです。


石臼を回した状態で

現状--0.30A の---定格電流(A)値です。

●軸の形状: 歯切軸
●外形寸法(幅W×奥行D×高さH)(mm): 80×86.3×86

定格時間(分): 連続

●回転速度(50/60Hz)(min-1[r.p.m])

: 1225/1550


これに1/60減速ギヤを取り付けますと

一分間に---21/26--回になります。(上臼の回転)


●ギアヘッド取付角寸法(mm): 80

●トルク (N・m [kgf・cm])

(50/60Hz): 0.12[1.2]/0.09[0.93]


0.12N・m--

モーター中心軸から

一メートル上で約 120gの回転力があります

 1.2kgf・cm-----

モーター中心軸から

10cm位置で約 1.2kgの回転力があります。

それに、1/60減速ギヤを取り付けますと

単純計算しますと、トルクは-60倍になります

モーター軸から一メートル円周状で

7kgの回転力が発生します。

(最大)それ以下で使用
が可能です。

●始動トルク(N・m [kgf・cm])(50/60Hz): 0.10[1.0]/0.10[1.0]

●始動電流(A)(50/60Hz): 0.62/0.60

始動するときは瞬間的に

0.6Aくらいの消費電力が必要になるということです。


この状態が長く続くと危険ですので

対策として

0.5Aヒューズを入れてあります。

切れたら、取り換えてください


●定格入力(W)(50/60Hz): 36/35

定格入力値以下の
ワット数で使用してくださいという意味です。


現状消費電力----30W---です。 


2014-12月 (10)

下石中心部に穴をあけ

下から10mmの

回転軸を出しています。

2014-12月 (9)

モーターケース表面温度は

60度以下

現状は----50度以下

石臼の選定から

モーター設計をへて

一号機完成まで

一カ月以上かかってしまいました。


ゆっくりと良質の粉を作ってください。

家庭用電動石臼---直径17cm

EM-02S

ms01 (2)
ms01 (7)
ms01 (5)



定格電流(A): 50Hz:0.39/60Hz:0.35

消費電力----- 30w
上石臼直径--- 17cm
上石臼重さ---  6kg
全重量------  19kg
高さ46cm/幅-33cm/奥-33cm

処理能力
米を引いた状態で
時間当たり--100g~

一号機--オークション出品中です

ヒロサンの、オークション出品商品 ←クリック

よくある質問

①穀物を粉にするには、一回引きが基本です。

投入量により、粉の細かさが決まります。

米ですと一回転に2~3粒が

適量と思います。

中には

一回引いて

ふるいにかけ

荒いものは

2度引き  3度引き をしてください

という商品もありますが

一度--荒引きになった粉は

100回くらい引かないと

きめの細かい粉にはなりません。


一時間に何キロくらい粉が引けますか?

②それはわかりません

荒引きペッパーくらいの粉でしたら

2~3kg


上新粉クラスでしたら

100g~300g
    くらいです。 


30cmくらすの

シフォンケーキは

1個当たりの

 粉の量は100g以下ですので


家庭用の製粉機としては、

十分と考えます。


納期

減速ギヤも---受注後2週間

石臼も受注後--2週間ほどかかります。

他の仕事もありますので

連続しては作れません。

いかさま師の手口より




商社に勤めていた頃は

色々な商品開発にかかわってきましたが

中には

買った人の90パーセントの人は

買っても2~3回使ったら

後は使わないだろうと

言う考えのもとで

製作されるものもあります。

何とは言いませんが

とにかく売れたら良い商品なのです。


出来上がった順番に

写真を撮り、出品しています。

手作りなので、

見苦しいところもあると思いますが、

まじめに、、しっかりと仕事をしてくれます。

穀物の中で、遺伝子操作がされていない

穀物は

米を始め、国産以外では

ありません。

実際に、今食べている白米を粉にして

お菓子作りをしてみませんか。



ヒロさんより

シフォンケーキの基本レシピ
この下にあります
↓↓↓↓↓
スポンサーサイト
電動石臼の製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

コメント投稿フォーム // コメント

COMMENT:


NAME:

SUBJECT:

BLOG/HP:

PASSWORD:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

電動石臼のモーターについて のトラックバックアドレス
http://hiro14899.blog71.fc2.com/tb.php/498-4e155f7d
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。