FC2カウンター

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
38歳・男性・
本業は修理屋(人生の修理も承ります)
過去に痛い目に遭った事、多数・・・
写真はハードボイルドでも、実際はソフトタッチ。
気分はいつも「トルコ行進曲」
詳しくはカテゴリー「自己紹介など」をご覧下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

情報交換しませんか?

名前:
メール:
件名:
本文:

PR

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト : --.--.--[--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // COMMENT[-] // TRACKBACK[-] // Top

コメント投稿フォーム // コメント

COMMENT:


NAME:

SUBJECT:

BLOG/HP:

PASSWORD:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://hiro14899.blog71.fc2.com/tb.php/503-ceb332aa
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

石の---種類 材質-について。 : 2015.03.07[Sat]

3月10日に

石材店に遊びに行ってきました。

そこの ショールームには、

石臼が展示されているという情報が入ったからです


石材店が作る石臼を

一回見てみたいと思っていました。


本御影石で

上臼-直径--18cm鏡面仕上げ


宝石のように輝いていました。


目立は、非常に細かく、

手が切れるほどの


目立がされていました。

現在において、

ダイヤモンドで目立をしますので

簡単にできると思います。


よく聞いていくと

実際に使うものではなく

インテリア---飾りだそうです

価格は---不明----だそうです。

20万円以上するのでしょう。?

この商品で実際に粉ひきをした場合は

目に粉が詰まり、

石焼けを起こすと思われます。

石が硬すぎると思いました。



ついでに

当店の仕入れた

石臼の材質を見てもらいました。

IMG_0441.jpg

天然御影石だそうです。

日本においては

白御影石のみを

御影石と呼びますが

材質が硬いものもあり

石臼にはちょっと向かないと思います、

御影石は、

兵庫県神戸市の

御影町にて産出された、

花崗岩(かこうがん)の

積出港として使用していた

「御影港」の名前が、

御影石の語源とされていますが

建築石材の世界では、

建築や墓石に使われる

花崗岩全般のことを

御影石と呼んでいます。


石臼石材

石臼の石材は古来石臼として

実績のあるやや軟質の

花崗岩 を使用している。

逆に硬すぎる

細目の花こう岩、

玄武岩や著しく硬質の砂岩などは、

つくりにくいだけでたく、

粉挽きに.つかうと表面がつるつるになって

粉が焼けるなどの現象が起こります

主として墓石用の

外国産の硬い花崗岩などは

石臼には不適である。

とされています。  



花崗岩は、、磨くときれいに、いい色を出します。

実際には

花崗岩すべてを御影石と呼びます。

磨くとそれなりに

石目が出てきます。

IMG_0451.jpg

IMG_0444.jpg

加工前のものです

IMG_0445.jpg
角を落とした様子

IMG_0450.jpg

右--磨きあげた様子

IMG_0447.jpg
IMG_0452.jpg

磨きあげた様子です。

石臼という

製品で購入していますが

入荷時はまるで、

セメントの塊のようです。

磨いてみますと

写真のように

一台づつ

みんな色が違いますので

今後一台ずつ

出来上がった順番に

写真を撮り、出品していこうと思います。


石臼という

機能的には全く問題ないのですが

せめて、上臼くらいは

石目くらいは出してから

製品にしたいと思っています。


そうしない

石がかわいそうに  思います。

その分---価格は、1万円ほど--アップします。

いかさま師の手口 より


ヒロさんの、オークション出品商品 ←クリック

ヒロさんの、オークション出品商品 ←クリック




















スポンサーサイト
2010 電動石臼の製作 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

コメント投稿フォーム // コメント

COMMENT:


NAME:

SUBJECT:

BLOG/HP:

PASSWORD:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

石の---種類 材質-について。 のトラックバックアドレス
http://hiro14899.blog71.fc2.com/tb.php/503-ceb332aa
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。