FC2カウンター

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
38歳・男性・
本業は修理屋(人生の修理も承ります)
過去に痛い目に遭った事、多数・・・
写真はハードボイルドでも、実際はソフトタッチ。
気分はいつも「トルコ行進曲」
詳しくはカテゴリー「自己紹介など」をご覧下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

情報交換しませんか?

名前:
メール:
件名:
本文:

PR

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト : --.--.--[--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // COMMENT[-] // TRACKBACK[-] // Top

コメント投稿フォーム // コメント

COMMENT:


NAME:

SUBJECT:

BLOG/HP:

PASSWORD:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://hiro14899.blog71.fc2.com/tb.php/517-4f75d8ee
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

読んだ人は----何か感じてほしい。 : 2016.12.20[Tue]

元来、

日本人は

美しい自然の中で、

四季折々の伝統行事を受け継ぎながら

暮らしを続けてきました。

その生活は、

現代の追いまくられるような、

ゆとりのない生活にくらべ、

豊かさを感じさせる何かがありました。。

そのころは確かに

貧しくはありましたが

海は青く澄み、

野山は緑にあふれ、

街は活気にみち、

心豊かな生活を送る人々がいました。

それは、

現代の多くの日本人が

心のどこかに求めている

懐かしい日本の様な気がします。


豊かすぎる現代に、

なにかしら反省をし。

そこには忘れられた日本が、

そして、

忘れることのできない日本があります。。



と前書きですが

人も、動物であり

動物は自然とともに

生活しています。


世界の.米事情

生きるために作っている米は別として
世界で流通されている米の
80パーセントは
遺伝子操作が行われています。

大事に苗を育て
---移植をして稲作をしているのは日本だけです

オーストラリアの場合
---一区画---120ha
耕し、肥料をまき--
田植えは、飛行機で種をまき、
ダムの様に水を入れ、水を抜き
又水をかけ、水を抜く、

刈り取り時には大型コンバイン
その横を20トンダンプが並走して走ります。

そんな所で、
そんな環境で、
米がとれるはずがありません。
取れるように遺伝子を操作します。

大地に肥料をまきますと、
当然草が生えてきます。
ラウンドアップ^(枯葉剤から毒性を取ったもの)
の様なものを使えば

米も枯れてしまいますが

それを枯れないように

遺伝子組み換え操作がされます。

これを除草剤耐性

と呼びますが
ほかにも

病害虫耐性

貯蔵性増大


成分改変食品で

消費者の利益が強調されたもの。

過酷な環境でも成育できたり、

収量が高かったりするような

遺伝子組み換え操作がされます。

動植物の、細胞の中の核--―その中の遺伝子をいじる事は
世界では今現在禁止されていますが
抜き打ちで、30カ国で検査がされました

米・大豆・とうもろこし

すべて遺伝子操作がされていました。

この事は、

動植物の進化に対して

進化を否定することであり

人間ごときがやってはいけない事です。


2年ほど前より
国産の牛・豚・鶏――などの餌も
国産のえさを食べさせないと、国産とは言えない
と言うように変わってきました。

TPP参入により、この様な米の種子が

国内に入ってきて、作づけした場合

花粉交配により、

一斉に広がってしまいます



遺伝子操作されている

米を一回作付けしますと

そこには2度と、

遺伝子操作されていない米を

つくことはできなくなります。

放射能汚染と同じになります。



すべての日本人が米を食べ始めたのは
戦後の配給制度からです。
こんなおいしい食べ物があるのかと
その後各地で、
水田作りの為の土地改良事業がなされ
全国的に米が作られるようになってきました。

小さな水田でも、大切に守っていきましょう。

農政を決定していられる方に

農業に従事した方はおられないと思います

毎日食事に欠かせない

米の値段が如何に安いかは

農業に従事して初めて解る事です

米程安い食べ物は他に有りません

反対に生産している農家は

先祖から受け継いだ

田畑を守る為に

仕方なく赤字覚悟で

米を作っている事を解って頂きたい物です。

ただそれでは生活していけないので

農業に従事する若者がいなくなりました。

結果、

農業に従事者の高齢化などといわれています。

せめて農家で生活できれば

現在のようなことは起こらなかったと思います。

米の価格は

農家から買われる価格の

3倍が---消費者価格です。

一度でも米作りを辞めた田畑は、

もう農地には戻りません

後継者もいなくなります。

そうなれば誰が米を作りますか、

海外から輸入すればそれで良いのでしょうか。




あなたは
遺伝子組み換え食品を食べていますか?


いやいや、

「遺伝子組み換えでない」を

選んで買っているから大丈夫。

そう思い込んでいたら、

それは大間違いかもしれません。

あなたの買うサラダ油も、

あなたの飲む清涼飲料水に含まれる

「果糖ぶどう糖液糖」も、

遺伝子組み換え作物からつくられている可能性が

非常に高いのです。

なぜなら、

油や糖類には

遺伝子組み換えの

表示義務がないからです。

遺伝子組み換え食品には

表示義務のあるものと

ないものとがあるため、

ほとんどの日本人が、

何も知らないままに

日々大量の

遺伝子組み換え食品を消費しています。

ちっとも見ないから

「日本では遺伝子組み換え食品は

全然流通していない」


と思って安心している人も多くいます。

でも、それは大きな勘違いです。

流通している大豆の94%は輸入です。

日本の大豆の7割はアメリカから輸入されています。

アメリカで栽培される大豆の94%は

遺伝子組み換え荷より造られたものです。

こうしたデータから計算していくと、

日本で流通する大豆の

約8割は遺伝子組み換えだと推計されます。



いかさま師の手口より
スポンサーサイト
日記 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

コメント投稿フォーム // コメント

COMMENT:


NAME:

SUBJECT:

BLOG/HP:

PASSWORD:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

読んだ人は----何か感じてほしい。 のトラックバックアドレス
http://hiro14899.blog71.fc2.com/tb.php/517-4f75d8ee
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。